SFラーメン事情「いざっ」と「雷神」

052813iza1

ミッション地区にある Blowfish Sushi To Die For(2170 Bryant @ 20th St)で、期間限定で展開されている麺酒屋のPop-up「いざっ」に行ってきました。Blowfishのオーナーシェフの別プロジェクトとして始まったもので、5月〜6月の5週末のランチだけラーメン屋に変身するという趣向。今週末(6/1&6/2)でひとまず終了ですが、今後も発展していきそうなプロジェクトなので紹介します。

052813iza2

メニューは、2種類のラーメンとアペタイザーが5〜6品。シェフ自慢の餃子は小振りで皮が薄くて、日本の餃子!という感じです。竜田っぽい唐揚げもお肉が柔らかくてびっくり。

052813iza3

さぁラーメンがきました。こちらは「特製出汁三昧麺」($9.75)。濃厚な豚骨ベースのスープに、太めのストレート麺です。すでにロゴ入りのボウルを用意しているのがすごいです。

052813iza4

そしてこちらが「濃厚温玉梅塩だれつけ麺」($10.50)。タレには梅じそ風味の鶏のひき肉が入っていて、濃いながらもどこかさっぱりとした後味でした。

052813iza5

さらにデザートが3種類。ゴートチーズのジェラートに杏のシャーベットに豆腐のブラマンジェ。杏のフレーバーがぎっしりと詰まったシェーベットが「(昔駄菓子屋にあった)杏アイスみたい!」と大人気でした。で、調べたんですが、たぶん「あんずボー」が正しい名称かと思われます。

052813iza6

営業は土日の午前11時半から午後3時まで。夜は普段のおすし屋さんに戻ってしまいます。上にも書きましたが今週末でとりあえず終了なので、興味のある方はお見逃しなく。

052813raijin1

サンフランシスコのラーメン事情といえば、サンセット地区に雷神キッチン(1353 Taraval @ 24th Ave)もオープンしました。麺王和楽の姉妹店ですが、カレーにも力を入れているのが違いでしょうか。

052813raijin2

お店は奥に細長く続いていて、テーブルやいすを含め内装はとてもシンプル。若者向けのお店かな、という印象を受けます。レジまわりの造りから、最初に注文して席につくスタイルかと思いましたが、まだソフトオープニングでいろいろ決まっていないのか、普通にテーブルに案内してくれました。

052813raijin3

左が豚骨ラーメンに角煮とキャベツがのった「雷神ラーメン」($7.95 + 煮卵$1)。右がサンフランシスコのラーメン屋ではあまり見かけない担々麺($7.95 + 煮卵$1 + チャーシュー$2)です。トッピングを足さなければ手ごろな値段で食べられるあたり、やっぱり若者向けですね。

052813raijin4

こちらが牛しゃぶカレー($7.95)。カレーに肉をのせるならカツカレーになるのが定番ですが、トッピングは煮卵、チャーシュー、ソーセージなどちょっと不思議なセレクションでした。でも、しゃぶしゃぶ専門店も展開しているグループのお店なので、牛しゃぶもおいしかったです。

サウスベイにやや遅れるようにしてラーメンブームが到来したサンフランシスコですが、まだまだ新しいお店が増えそうですね。うれしいけど、食べるたびに確実に体にも負担がかかるような… でもラーメンのためなら後悔しません。新しいお店の情報など随時募集中です!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中