The Ramen Barで12ドルのラーメン

080814ramenbar1

ファイナンシャルディストリクトに先月オープンした「The Ramen Bar」に行ってきました。自身の名前をそのまま店名にした Michael Mina をはじめ、サンフランシスコ市内で6つのレストランを展開するマイケル・ミナ氏が、日本人シェフと手を組んで開いたというラーメン専門店。一杯12ドルからと聞いて「どんなラーメンだろう」と気になっていました。

080814ramenbar2

住所は 101 California Street。1993年に34階の法律事務所で8人が射殺されるという事件が起きた有名な高層ビルの1階にあります。ビル自体は48階建て。サンフランシスコらしく、上の方は霧でかすんでいます。

080814ramenbar3

お店の中はカジュアルな雰囲気です。右がテイクアウトのカウンターでしょうか。平日の7時半ごろに行ったらちょっと列ができていて、10分ほど待ちました。

080814ramenbar4

メニューはラーメン6種のほかに、丼物とサラダがあり、おつまみ類は4品だけ。アルコールはビール、酒、ワインを一通りそろえていて、デザートもあります。

080814ramenbar5

まずはメニューの一番上の北海道ラーメン(Hokkaido Miso-Butter Chashu $14)。みそバター味でスイートコーンがのっています。見た目は予想以上に普通にラーメンです。最初からピリ辛なのは、今の流行でしょうか。煮卵は一切れしか写っていませんが、のりの下にもう一個隠れていました。

080814ramenbar6

こちらがしょうゆ味の東京ラーメン(Tokyo-Style Kurobuta Pork $12)。追加トッピングを頼んでいないのに、コーンものってきました。薬味セットには自家製豆板醤があり、「しょうゆラーメンにぜひ」と勧められました。やはりみんな辛いのが好きなんですね。

080814ramenbar7

これはノリで頼んでしまったカレー(Beef Short Rib Kare $12)。ニンジンとじゃがいもが後乗せのカレーは初めて見ました。とにかく肉がゴロゴロと入っていて、どちらかというとビーフシチューのよう。お肉好きにはうれしい一品かもしれません。

080814ramenbar8

麺は中太でやや縮れ。黄色くて、個人的には好きなタイプの麺です。ゆで加減もまぁまぁ。東京ラーメンはちょっと甘めでしたが、具もそれなりにのってるし、いい意味でも悪い意味でも「これで12ドル!?」とびっくりするような内容ではありませんでした。

080814ramenbar9

一番興味深かったのはキッチンです。カウンターから丸見えなんですが、ラーメンというよりはブリトーを組み立てるような流れ作業。アメリカだな〜っとしみじみ感じました。

080814ramenbar10

お隣は同じくマイケル・ミナ・グループの PABU という高級居酒屋&すしバー。裏の廊下でつながっていてトイレは共有なんですが、こちらはお金持ち感が漂いすぎていてメニューを見るのも怖いほど。勇気のある方はこちらで見てみてください。

The Ramen Barで12ドルのラーメン」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中