常連になりそうなDumpling Kitchen

120314dumplingkitchen1

先日、アウターサンセット地区のTaraval Streetを歩いていたら、外観は地味なのに中は満員のチャイニーズレストランに出会いました。これはチェックせねばなるまいと、後日さっそく行ってきました。住所は 1935 Taraval @ 29th Ave。どちらかというと住宅街なエリアで、ポツンと営業している Dumpling Kitchen というお店です。

120314dumplingkitchen2

メニューの一番上が小龍包。飲茶屋さんじゃないのに、夜なのに小龍包が食べられるのはうれしい限りです。とりあえずこれと、あと上から5番目の上海生煎包(英語書きを和訳すると、上海式焼き肉まん?)、この2品が Yelp で好評っぽいので頼んでみることにしました。

120314dumplingkitchen3

飾り気のない店内ですが満員御礼です。客層はアジア系の若者グループまたは家族連れ、そして隠れ家的な店が好きそうな非アジア系20〜30代といった感じでしょうか。流行とかおしゃれとか関係なく、単純にごはんを楽しく食べている雰囲気がいいです。

120314dumplingkitchen4

さて来ました。無頓着なプレゼンの小龍包(左)と、巾着みたいでかわいい焼き肉まんです。小龍包は皮が薄めで私好み。こないだミッションで食べたヒップな高級小龍包より断然おいしいです。

120314dumplingkitchen5

そして、興味津々だった焼き肉まん。確かに焼いてます。生地が餃子と肉まんの間みたいな感じで、どこかほんのりと甘く、新鮮な組み合わせ。これはくせになるかも。(実際この後、もう一度食べに行っちゃいました)

120314dumplingkitchen6

もう一品ほしいなと思って注文した牛肉&いんげん炒め。写真だとちょっと分かりにくいですが、すごい量でした。中華料理はこれがうれしいですね。味付けは甘め。半分くらい食べて翌日用にお持ち帰りしました。

120314dumplingkitchen7

デザートはエッグパフ。シュークリームのクリーム抜きですね。でも中がびっくりするぐらいふわふわでまっ黄色。これもくせになりそうです。食後に注文しようとたくらんでいると、運悪く売り切れていたり、「20分待ちになりますが…」と言われてしまうので、ほかの料理と一緒に最初に頼んでおきましょう。

120314dumplingkitchen8

地味を通り越して、やや怪しい店構えですが、しばらく通いそうな予感。書いていたら食べたくなったけど、今日水曜は定休日でした。残念。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中