入館無料の日に「一角獣を抱く貴婦人」

022916legionhonor1

2月の第一火曜日の入館無料の日に、リージョン・オブ・オナー美術館(Legion of Honor)に行ってきました。美術館や博物館は建物自体も被写体としておもしろいので入る前にいろいろ撮影。小さくて分かりませんが、ど真ん中に写っているのはロダンの「考える人」です。

022916legionhonor2

ヨーロッパの絵画・彫刻が多いらしく、姉妹館(?)の de Young Museum に比べるとかなりクラシックな雰囲気。美術史の授業を取っているような気分になります。

022916legionhonor3

常設展以外にも無料で観賞できる作品があったので一番奥の部屋へ進みました。

022916legionhonor4

ラファエロの「一角獣を抱く貴婦人」という作品で、この部屋にはこの1枚だけが飾られていました。レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」に似ていることや、発見された当初は一角獣は塗りつぶされていて「アレクサンドリアの聖カタリナ」と呼ばれていたなど、とにかくエピソードが多い作品らしく、もともとは一角獣ではなく犬だったというX線の資料もありました。

022916legionhonor5

久しぶりに美術館に行ったんですが、今や作品とセルフィーを撮る時代なんですね。ほかの人もだいたいスマートフォンを触っていて、かなり異様な空気が漂っていました。

022916legionhonor6

しっくりこない気持ちで他の展示を見ていたら赤ん坊がピースをしてたのでパチリ。ピースの歴史って意外と長かったんですね。

さて、3月の第一火曜日は明日(1日)です。次に挙げる施設が入場無料なので、お時間のある方はぜひお出かけください(特別展は有料のところがあります)。「一角獣を抱く貴婦人」は4月10日まで展示されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中