刺繍をさせるギフトはどうですか?

122312workshop_04まだクリスマスショッピングを終えていない方、「刺繍で書く手紙セット」なんてどうですか?ドッグパッチにあるThe Workshop Residenceというギャラリー/ショップ/ワークショップで見つけた品です。

122312workshop_00
122312workshop_05セットは、青とピンクの糸でノートのページのように見せた白地の布と、針、糸、下書き用のえんぴつ、刺繍フープ、アメリカ国内郵送分の切手の張られたおしゃれな封筒、説明書、が含まれて、ちょい高めの$25です。宿題を彷彿させるセットなので、人によってはあげてもちょっと嫌がられるかもしれない、というのが難点。器用な人は、メッセージを刺繍してからあげるというオプションもありますが、急いだ方がいいでしょう。

122312workshop_01店内には、刺繍手紙セットの他にも、こんな刺繍トートバッグもありました。よくアジア系のお店でみかける、Thank Youビニール袋をパロったもの。遠くから見ると白いバッグは特に本物っぽいです。こちらも安くはなく、白地$35、カラー地$42となっています。果たしてネタ作りのために払えるか、この値段。

122312workshop_02お店の人によると、このトートバッグシリーズは、Lauren DiCioccioというローカルのアーティストとのコラボで、彼女の手刺繍の作品を機械刺繍で再現し商品化したものだそうです。作品をいくつか見てみると、、、

122312workshop_06これ、全部手刺繍ですよ。左上と右下の細かい文字までちゃんと縫ってあります。

122312workshop_07

122312workshop_08中のページのラインまで、ページ毎にちゃんと縫ってありそうな感じ。

122312workshop_09大量生産されたモノをあえて手刺繍で表現しているところがおもしろいです。その彼女の作品の隣に、商品化されたバージョンが売られているのもまたおもしろい。刺繍セットもらった人、ぜひ手紙下さいね。

122312workshop_10

広告

ヘイズバレーの雑貨屋 Kappa Zakka

1212_01KappaSign

河童雑貨(Kappa Zappa)というお店がヘイズバレーにあると聞いたので、クリスマスプレゼントの下見も兼ねて行ってきました。ヘイズバレーの中心から数ブロック外れたGrove St.にあります。目印は、カラフルな3色の導き線。

1212_02KappaEntrance

線をたどるとぶつかるのれん。思わずのれんの向こうの階段を上って行きそうになりますが、矢印に従い右に入ります。

1212_14KappaStore2細長い空間は、シンプルでニュートロラルな感じに、ゆる〜くまとめられています。

1212_03KappaKappaお店の角には、ちゃんと河童がいるんです。サンフランシスコなので、手ぬぐいじゃなくてバンダナ。お酒は辛口が好きなんですね。気が合いそう。

1212_05KappaShoyu

棚の商品をざーっと見て目についたのは、見た事のない日本のモノ。「Hand-picked rare treats」と看板にもある通り、探さないとないとないようなこだわりの品々が並んでいます。利き酒ならぬ利き醤油が出来そうな醤油セレクション。袋がシブい。

1212_06KappaSalt

沖縄マヨネーズ?と思ったらヨネマース。「マース」は沖縄の方言で塩のことを言うそうなので、与根製塩所と合わせてヨネマースなんでしょうね。でもやっぱりマヨネーズって読んじゃう。

1212_07KappaBook

日本の本も、写真集や絵本などが数冊ずつ置いてありました。未来ちゃんの表紙が好きなのでついつい一枚。フォークでがっつく未来ちゃんの手前には、おいしい具合に木製スプーン。

1212_08KappaReath1212_09KappaCeramics

ローカルアーティストでは、この日お店にもいたmomocaさんのリースや、Kiyomi CeramicsのKiyomiさんの陶芸(どちらもイーストベイのアーティスト)等のオリジナル作品が置いてあります。

1212_11KappaSocks

日本製のカラフルな靴下もあります。アメリカの靴下は安くていいけどすぐ穴が開いちゃうので、久々に日本製もいいかも。入り口の導き線と同じような色合いの靴下があるのは偶然?

1212_04KappaStore

反対側から見るととお店の中はこんな感じ。小物、アクセサリーの他にアートプリントもありますが、ポスターじゃなくて本当のプリントなので決して安くはないです。

1212_12KappaBoots

1212_13KappaTanukiEtc

日本昔話から出てきたみたいな置物たち。民芸品のような、誰かの手芸作品のような、憎めないかわいさがあります。
写真には撮りませんでしたが、店の奥にはガーデンもあり、時折イベントも行なっているそうです。まだクリスマスギフトを探し中!の人、自分で作ってないけど手作り感一杯のスペシャルな品が見つかるかもしれませんよ。

Macy’sでクリスマス気分

121012macys01

クリスマスのシーズンになると、一回は行きたくなるユニオンスクエアのMacy’s 。まずはSFSPCA(動物愛護協会)のHoliday Windows をチェックしましょう。

121012macys02

今年は絵本の世界がテーマのようです。あいかわらず見物客がいっぱい。

121012macys03

ショーウィンドーの向こうで遊んだり眠ったりしているのは、里親を探している子犬や猫たち。ウィンドーのこちら側ではボランティアの皆さんが募金も呼びかけています。

121012macys04

今年は以前よりデコレーションが控えめな感じです。その分、遊び回れるスペースが広いように見えました。実際、遊んでる姿も見れました。

121012macys05

そして、お次はこちら。本館の6階?7階?あたりに毎年登場するHoliday Laneです。ツリーのオーナメントをはじめ、クリスマスの飾りがいっぱい。サンタさんに手紙を書いて、その場で投函もできます。

121012macys06

これはサンフランシスコ色に染まったツリー。ちょっと悪趣味?

121012macys07

サンフランシスコらしく、ワインマニア(左)とピースマニア(右)のためのツリーもあります。

121012macys08

こちらは新生児(左)とデザート好き(右)向けのツリー。そのほかにもバレリーナ用、カーニバル好き、紫色マニアなどなど、多種多彩なツリーが並んでいて飽きません。

121012macys09

そして恒例のチャイニーズツリー。なんか違う国のモノが混じっていますが。

121012macys10

あれ? このクマ、色違いの兄弟をどこかのトークショーで見たことあるような。

121012macys11

ユニオンスクエアに面した窓からは期間限定のスケートリンクと、Macy’s自慢のツリーが見下ろせます。ホリデーシーズンって感じ。

121012macys12

最後に、スケートリンクがオープンしたばかりのころの写真を一枚。ブラピでかっ!

MUJIデビュー

120512muji1

先月30日にオープンしたMUJI(540 9th St @ Bryant)に行ってきました。わざわざ行こうと思わないと行かないエリアだなぁと思ってバスに乗りましたが、向かいにTrader Joe’sやBed Bath & Beyondがあるので買い物客も多く、そんなに悪いロケーションではなさそうです。

120512muji2

MUJIは、まだ普通に無印良品と呼ばれていたころに、デパート(確か丸井西武百貨店)の1階の一角にあって、高校のころよく行ってました。そしてそれ以来行ったことがありません。なので今回が初MUJIです。

120512muji3

うわぁ、洋服屋さんみたい。ああ、でもシンプルでいい感じ。部屋着や下着コーナーもなかなか充実しています。

120512muji4

1階の奥は文房具エリア。いろいろあって楽しそうです。高校のころ愛用していた便せんと封筒も、少しデザインが変わっていましたが健在でした。ちょっと感動。

120512muji5

2階はキッチンおよびバスルームグッズ、そして収納システムや家具などがあります。

120512muji6

アメリカで「座ぶとんカバー」を見るとは思いませんでした。でもこれ、肌触りが良すぎて、座ぶとん持ってないのに買いそうになりました。そしてその向こうはスリッパギャラリー。ちょっと日本に帰ったような気分になれるひとときでした。

MUJI SOMA
540 9th Street, San Francisco
415.694.5981
Mon-Sat: 10:30am-8:00pm
Sun: 11:00am-6:30pm

日本町お店事情(開店ニュース)

120312faceshop1

ジャパンセンターの近鉄モール、じゃなくて、ウエストモールをウロウロしていたら、知らないお店を発見しました。韓国発の自然派化粧品ブランド、The Face Shop が日本町に進出したもよう。明るくてモダンな雰囲気が、ちょっと離れていても伝わってきます。

120312faceshop2

とにかくオープンしました!って感じですね。あと、店員も募集中のようです。そしてこの看板娘みたいな人、男の人ですよね?

120312faceshop3

売れっ子俳優さんでしょうか。コスメショップに男性のポートレート。ファンを引きつけるため? それとも、男の人も入りやすいように?

120312faceshop4

店内をぐるりと回ってみました。スキンケア、ボディケア、ヘアケア、それから化粧品がずらりと並んでいて、どれもMade in Koreaとのこと。美容にまったく縁がなさそうな迷惑な客なのに、いろいろと丁寧に教えてくれました。

120312faceshop5

申しわけないので「友人へのプレゼントを探してるんです」と、それっぽく聞くと、顔に貼るマスクなんてどうですか?と勧めてくれました。この辺は、高麗人参や米、きゅうりなどの成分を含むマスクだそうです。ほかにもたくさんの種類があって見ていておもしろかったです。で、買ったかどうかは秘密です。

120312ssisso

ついでに日本町近況としては、昔デニーズがあった場所にSSISSOという韓国系のレストランがオープンします。まだ工事中です。

120312forestbooks

そして、去年ぐらいまでJBCビデオが営業していた場所には Forest Books という本屋さんが入るようです。歴史や文化、哲学、宗教などの分野の書籍を取り扱うお店のようですが、確かここには、その昔、五車堂という本屋さんがあったはず。なんだか歴史を感じます。

ジャパンタウンにSHIBUYASFオープン

111312shibuyasf_01ジャパンタウンの中にオープンした新しいお店SHIBUYASF。立て看板が読みにくいですが、よーく読むと、日本でランキング#1の下着ショップエメフィール(aimerfeel)がサンフランシスコに到来ってことのようです。

111312shibuyasf_02反対側から見るとこんな感じ。ここは、以前婦人服のオモダカがあった場所で向かいにあるのは池坊フォイス。コンセプト的に真逆な存在が向かい合ってる、不思議な空間です。

111312shibuyasf_05ウィンドウ越しに覗くと中はこんな風。お客さんが誰もいない上にギャル度の高さに躊躇し。しばらくこうやって外をうろうろ。

111312shibuyasf_03入ってみると、店員のJessicaさんとEllyさんが笑顔でお迎え。買う気がないのがバレバレなのに、丁寧に対応してくれてエラいです。店内は期待を裏切らず全部ピンク。かなり乙女チックに飾られています。

111312shibuyasf_04セレクションは、機能的というよりは、ほとんどが俗に言う「勝負下着」ってやつだと思われます。お値段は上下のセットが$45ぐらいから。今月の終わりにはホリデーに合わせたシーズン商品が入って来る予定だそうです。門松とか鏡餅が着いたヤツだったら買いたいです。

111312shibuyasf_06The new definition for freedom、フリーブラ!もしかしたら大胸筋矯正サポーターかも?

7年もつらしいペン

102512pen17年使える、というペンを見つけました。ニューヨークのデザイン会社Seltzerが出している Made in Sweden の商品で、カラーも多くパッケージもかわいいです。

102512pen2購入したのはもちろんゴールデンゲートブリッジが入ったSF版。パッケージの裏には「毎日100ミリオン以上のペンが世界で捨てられています」と書かれてあります。確かに、インクが出なくなったらポイって捨てて忘れて終わりのペン。あれが沢山あったらすごいゴミになりそうです。本当に7年間使えたらすごいですよね。ちなみに7年は、一日1.7メートル書いた場合、です。字数の多そうな中国の文字を使う人はもう少し減るかも?

102512pen3さっそく書いてみました。なかなか滑りのいい書き心地のいいペンです。はたして7年持つでしょうか。7年後に私達はまだペンを使ってるんでしょうか。楽しみです。今回はアートストアのFlaxで買いましたが、こちらで他のロケーションも探せます。

ターゲットが開きました

大手ディスカウント・チェーンTargetのサンフランシスコ店が昨日、とうとうオープンしました。14日(日)のグランドオープニングに先駆けてのソフトオープニングとのことですが、もう普通に営業してました。

場所はご存知、メトレオンです。Misson @ 4th St の角にあった正面玄関(?)は、いつの間にかスタバに変身。ここが入り口じゃないメトレオンを見る日が来るとは、なんだか時代の流れを感じます。

ターゲットの入り口は、その左隣りにあります。第一印象は「裏口?」。おもわず建物の周りを一周して確認してしましたが、これが正式な入り口のようです。

中に入ると空港っぽい。大きなスーツケースを持った人たちがいないのが逆に不自然なくらいです。店舗はすべて2階にあります。

壁に大きく「hi, san francisco」。車がなくてもターゲットに来れるんだー、と、ここで実感しました。

売り場に入ってしまえば、特に代わり映えのしない光景が広がっています。ほかの店舗に比べて面積が狭いので、大きな商品(家具とか、あとトイレットペーパーの超お得パックとか)は置いてないという噂ですが、すみません、確認しませんでした。

おもちゃ売り場に窓を発見。にくい感じにロゴが設けてあります。

おもちゃで埋められたロゴの向こうに見えるのはYerba Buena Gardensです。買い物中は忘れてしまいがちですが、やっぱりサンフランシスコ店なんですね、ここ。

そして空港ロビーに戻って外へ。ちなみに日曜日のグランドオープニングですが、店員さんに何か特別なイベントとかセールとかあるの?と聞いたら、「知らないの、ごめんなさい」と返ってきました。先週末にオープンしたユニクロとえらい違いです。まぁ知名度の差ですかね。

Target
789 Mission St, San Francisco
415.343.6272