「らーめん山田屋」と「ふじよし」

まだまだラーメンブームが続いているらしいサンフランシスコですが、最近立て続けに2軒行ったので紹介します。まずは昨年12月に日本町にオープンした「らーめん山田屋」。ロサンゼルスやサンディエゴに6店舗を持つチェーン店で、20時間煮込んだ濃厚豚骨スープが自慢のお店です。

実は開店当時にもお邪魔したんですが、今回はメニューも新しくなって、おつまみやカレーなど品数も増えていました。アルコール類はまだサーブしていません。

まずはメニューの一番最初にのっている、とんこつラーメンにチャレンジ。別皿でやってきたのは追加トッピングの角煮です。角煮というより、超分厚いベーコン? 脂満載のお肉が好きな人はたまらないでしょう。私はすかさず白米を追加注文しました。

スープは確かに濃厚。麺は博多式に極細ストレートです。これは好みが分かれるところですが、細棒麺って思った以上にスープが絡むんですね。一口食べるごとに濃厚スープが口の中に広がり、すぐに満腹感がやってきそうな勢いでした。

ところでこれは開店当時の店内の様子。壁沿いと窓際にしかテーブルがなく、真ん中のがらんと空いたエリアは「ダンスフロア」なんて呼ばれていました。

今は大きなコミューナルテーブルが入り、天井もちょっと手が加わってかなり印象が変わりました。ちなみにここは以前「いろは」があったところです。奥の壁側と窓際は昔のブースをそのまま残していますね。

コミューナルテーブルでも食べてみました。今回はとんこつ醤油と、つけ麺。魚介風味のスープに太縮れ麺を合わせたつけ麺が、今のところのお気に入りかな。サービスもいい感じなので、また行こうと思います。

2軒目は、ダウンタウンにオープンした「ふじよし」。ディナーしか営業しない 「Kyu」というレストランを借りて、ランチタイムにラーメンを出すというPop-Upスタイルだと聞いて行ったのですが、どうやらその Kyu はイーストベイに引っ越し、ここは正式にフルタイムでふじよしになるそうです。

ちょっとラーメン屋っぽくないおしゃれな店内。Kyu は鮨と炉端焼きのお店だったようで、Yelpの写真を見ると若者向けのトレンディーなフュージョンレストランという印象を受けます。

ではではまずはアペタイザーを。左上から時計回りに「豊後とり天(鶏の天ぷら)」「中津からあげ」、餃子です。上のふたつは大分県の郷土料理だそうです。お肉の下味がしっかりしていて、柔らかい。出来立ての熱々をふむふむとうなづきながら食べていたんですが、どれも味付けが甘めなので、だんだん何を食べても同じ味になってしまいました。九州の醤油は甘いと聞いていましたが、ここまで徹底しているとは。

お次はラーメン。やっぱりメニューの一番上を、ということで豚骨ラーメンにしました。麺の種類を自分で選べるのがうれしいですね。豚骨には邪道かもしれませんが、縮れ麺にしてみました。

ラーメンの到着です。トッピングは何も追加しなかったので、これがスタンダード。スープはあっさり系の豚骨です。麺の写真を撮り忘れましたが、黄色くて縮れていて私好み。友人は醤油ラーメンでしたが、やっぱり甘めだったそうです。

シェフも店員さんも日本人で、居心地のいいお店です。自家製の高菜をサービスしてくれたので、またしても白米が欲しくなって「じゃこ飯」を注文したら、薬味と漬け物がセットで出てきました。こういう細かい心遣いがうれしいですね。ダウンタウンに行く機会があったら、またお邪魔したいです。

Ramen Yamadaya
1728 Buchanan Street @ Post/Sutter
午前11時30分~午後3時(ランチ)
午後5時30分~9時(ディナー)
火曜定休

Fujiyoshi
639 Post Street @ Taylor/Jones
毎日午前11時30分〜午後8時
(3月からは午後11時まで営業予定)
現金支払いのみ

広告

ブラジルスタイルのステーキ食べ放題!

103113espetus1

ブラジルスタイルのステーキ食べ放題があると聞き、サンマテオの Espetus に行ってきました。サンフランシスコにも同じお店(1686 Market St @ Gough)があるんですが、駐車が面倒くさそうだと勝手に決めてサンマテオ店(710 South B St)に直行。ディナーは1人$54.95(ドリンク、タックス、チップは別)とちょっとお高いし、平日のランチは$25.95だけど肉の種類が少ないと書いてあったので、中間を取って週末のランチ($37.95)にしました。

103113espetus2

ステーキハウスだからドレスコードあるのかなぁとドキドキしてましたが、Tシャツにジーンズの人がいっぱいいて安心。予約なしでもすぐにテーブルに案内してもらえました。

103113espetus3

テーブルにつくとサーバーさんがにこやかにやってきて、手順を説明してくれます。この卓上サインは上の部分を緑か赤にスイッチできるようになっていて、緑を提示しているかぎり肉を持ったお兄さんたちがテーブルに寄ってくれます。「しばらく食事に集中したい」とか「今はお腹いっぱい」って時は赤いサインを見せます。簡単!

103113espetus4

ますはお皿をもらいにバフェに行きます。米とかパスタとか野菜を好きなだけ取れるようになっていますが、今日は肉を食べるのが目的なので少なめにお皿にのせて、テーブルに戻ります。このガラス窓の向こうで、巨大な鉄製のくしにささった巨大な肉たちが焼かれています。

103113espetus5

テーブルに戻ると、さりげなく前菜(?)が置いてありました。バナナとチーズを揚げたヤツと、シュークリームのクリーム抜きみたいなパン。ちょっとそそられますが、まだお腹いっぱいになりたくないので、最後に後回し。

103113espetus6

肉、来ました!すごーい。豪快なプレゼンです。源氏パイみたいな形をしたコレは、たしかサーロインだったかな? こんな風にナイフ(というより刀)で切ってくれるので、テーブルに用意されたトング(ピンセットのデカい版)でつまんで自分のお皿にのせます。ほかにはフィレミニョン、トップサーロイン、ポークのヒレ、ソーセージ、チキンレッグ、ハツなどが回ってきました。

103113espetus7

本来ならテーブル上の肉三昧の図を紹介するべきなんですが、食べるのに没頭しすぎてお皿の上がカオスだったので、かわりに野菜コーナーの写真を載せます。なかなかゴージャスな雰囲気です。今回は肉メインだったので野菜まで見る余裕がありませんでしたが、次回はもっといろいろ試したいです。

103113espetus8

さて肝心のお味のほうですが、正直なところ味よりも楽しさが勝ってしまい、よく分からなかったというのが感想です。使ってる調味料が似ているので、味も似てくるというか。そういう意味ではパイナップルの丸焼きが意外においしくて一番印象に残っているかも。これだけ何回も食べたいです。いくら食べても元は取れないでしょうが。

大人2人でアイスティー飲んで、なんだかんだで100ドルぐらいでした。安いと感じるか高いと感じるかは人によって違うと思いますが、イベントとしては楽しいです。個人的には1年に1回ぐらい行きたいかなぁ。お出かけの際は営業時間の確認もお忘れなく。